CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
ついった
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

最近の昨日

今日のことは明日書くとして
<< 目はつぶれ〜耳も聴こえなくなって〜 | main | ポイント二倍キャンペーン >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
英国式庭園式空想癖
 マルソ君は考えた。

「意識はどこからくるのだろう。進化論が事実なら意識という現象には、どこかにからくりが有るはずだ」

 唐突な思いつきではない。マルソ君は長い通勤時間を利用して、進化論について書かれた本を少しずつ読みなら、少しずつ考え続けていたのだった。

 この数ヶ月、マルソ君は自作のサイトを開設するために様々な努力を地道に重ねていた。

 自宅のMacに開発環境をインストールして、週末エンジニアリングを始めたのが去年の夏頃。

 データベースの最新技術を自己流に解釈してライブラリを自作し、それをつかってウェブアプリケーションで実践し、パフォーマンスが悪すぎて断念したのが10月頃。

 軌道修正して従来の技術で進める事に決着し、無印のノートに手書きの基本設計を書き始めた矢先、八王子という東京の西端に出張が決まったのがその翌月。

 通勤で往復3時間半も削られ、いっときたりとも無駄にしまいとプルーストやスタンダール、ユゴー、フローベールといった古典を読む一方で、基本設計は概要設計のまま製造に踏み切ったのが年明け。

 サーバサイドのフレームワークを自作し、jQueryを使用したクライアントAPIのリファクタリングを繰り返し、ようやく完成のめどが立ったのが、先月。

 そして先日。ホスティングサービスを利用してサーバーを構築し、自作のサイトを立ち上げるまでに至ったのである。

 とはいえ、一般公開するには課題も多く、はじめの一歩を踏み出したということで、なんとか自己満足を見いだしているマルソ君であった。

 そもそもマルソ君が自作のサイトを作ろうとした動機は、シナリオや小説といった創作活動のためのツールを作って、年とともに衰えていく己の能力を補おうというものだった。

 それがいつしか、己の収入を補おうという淡い期待に姿を変え、やがて起業家の野心にまで膨張し、ゴールを目前にして現実認識の甘さを悟ったマルソ君は、ここにきて端緒の志しに回帰したのであった。

「この経験だって、なにかのネタにならないとなぜ言える?」

 マルソ君の切り替えの早さと行ったら、ムーンサルト並みである。

 サイト公開に向けてやる事が山積みではあるけれど、マルソ君の胸は四次元ポケットくらい期待に満ちている。

「どうせやるなら、目標はでかく人工知能の発明だ。いや、アーティフィシャルな心、人工意識だ」

 回り道に関して言えばマルソ君には節度がない。とはいえ誰にも迷惑をかけないうちは、マルソ君の大好きな空想の庭いじりに、あえて水を差す事も有るまい。
| 昨日の日記 | 21:44 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 21:44 | - | - | pookmark |
二十世紀末。
マルソーと一緒に関西でサッカーを通じて過ごしていたけど、そん時プログラムとかしてた?

最近はドラゴンアッシュのLet yourself go, Let myself goや、レニクラの自由への疾走とか聴きなおして、かすかでも確実に前進やでってイメトレしよるよ。

ファセボッコで検索したらこのブログがヒットした。
フェースブックのことなんやってやっと理解できた・・・。
| ハナ | 2011/03/21 8:24 PM |
IT業界ではあった。
仕事以外でやるなんて考えてなかったな。結局、これしか残らんかったって事か。

いや、まだある。これからがある。

一歩ずつでも前に進めば、チョモランマだっていつか登れる。
| マルソ | 2011/03/24 11:08 PM |
そっか、やってたんや。
兄は神奈川に住んでいて、IT関連の仕事しているから
いつか仕事で絡んだら面白いね。
時と場所を越えて、兄弟と友人が偶然仕事でしりあうとかね。
我が家は苗字が変わっているからすぐわかるし。

「これしか残らんかった」ってことは、目的意識もって色んな経験してきたんやけ、淘汰されて残ったってことで、いーと思うけど。
| ハナ | 2011/03/25 9:48 PM |
あの苗字なら、名前覚えのわるい俺でもすぐにわかる。

「つかぬ事お伺いしますが、◯◯君のお兄さんじゃありませんか?」

いやいや、

こちらは知っていて向こうは知らないという立場を利用して、

「私、趣味で占いをやってまして、よろしければ一つ占ってさしあげましょう・・・おや、あなたには弟が・・・」

さて、どんないたずらをwww
| マルソ | 2011/03/29 10:35 PM |









http://marceau.jugem.jp/trackback/283