CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
ついった
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

最近の昨日

今日のことは明日書くとして
<< タイタンの戦い | main | 悪魔スヴェンガリ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
トロイ
出演:ブラッド・ピット、エリック・バナ
監督:ウォルフガング・ペーターゼン
演出で失敗して、娯楽として成功した映画。
ホメーロスのトロイア戦争とは別のものとして観れば面白い。
アキレス(ブラピ)とヘクトル(エリック・バナ)の一騎打ちは良かった。
| 昨日のギリシャ神話 | 13:16 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 13:16 | - | - | pookmark |
この映画の脚本はホメロスの『イリアス』などで描かれるトロイア戦争とは決定的に異なる点がいくつも存する。
それでも、この映画を推すのは娯楽として楽しかったからだ。映画館でフィルムで観たかったな。

伝承と異なる部分で気になった脚色を以下挙げていく。かもしれない。
| マルソ | 2008/09/11 1:35 PM |
この映画ではオリュンポスの十二神は一切登場しない。
種本であるはずのホメロスの「イリアス」であれほど介入したアポロンもアテネもアレースもヘパイストスもヘレもアプロディテもゼウスでさえも登場しない。
全てが現代の現実感覚の中で起こりうることとして描かれている。
それはいいとして、それによって脚色の際に決定的な変更がなされるのだが、この戦いによってヘレネの元の夫メネラーオスがヘクトルに討ち取られてしまうのである。
ヘレネとはトロイア戦争の誘因で、彼女をトロイアのパリスが強奪したことに端を発する。
ホメロスでは、メネラーオスは討たれるどころか、続く「オデュッセイア」でオデュッセウスと並んでトロイア戦役から帰還した数少ない武将の一人なのである。
無論、オデュッセイアにも重要な役で登場する。
そのときにはヘレネとよりを戻しているのである。
| マルソ | 2008/09/11 7:46 PM |









http://marceau.jugem.jp/trackback/65